お腹や胸、おへその脱毛方法

いつもは服に隠れているお腹や胸、おへそなどは、プールや海に遊びに行くシーズンになると水着を着るので見えるようになる部分です。自分から見える範囲の脱毛ならやりやすいと思いますが、見えない部分や気付かないうちに処理し忘れる部分も出てくるでしょう。加えて曲線や骨張ったところの脱毛は特に処理しづらいですし、デリケートな部分は傷付けないように気を付けなければいけません。
◆剃刀を使った脱毛
脱毛する範囲が広いので、剃刀ならさっと素早く脱毛できます。安全の為に持ち手に滑り止めがついていたりセーフティーガードが付いているT字型の剃刀が使いやすくていいでしょう。泡で剃ったりジェルやクリームを塗って剃ったりすると思いますが、予め肌を温めておくとより良いです。剃る面が平らだと剃りやすいので気を抜きがちですが、皮膚は弾力があって刃の当たり方によっては切ってしまうこともあるので、常に慎重に脱毛を行うようにしてください。
そして、毛がどのように生えているかにも注目して剃るといいでしょう。おへそあたりは毛が多方面に向かって生えていますしでこぼこしているので注意しましょう。
剃る範囲が広いのでそのまま一呼吸で剃ってしまいがちですが、ある程度剃ったら刃に付いた泡を洗い流しましょう。泡が付いたままでは毛を剃り残してしまいます。
脱毛が終わったら肌を保湿することを忘れないでください。胸はデリケートなのでより丁寧に潤いを与えてあげてください。
◆電気シェーバーを使った脱毛
剃刀に比べると電気シェーバーは電気で動くので脱毛しやすいと思います。身体用の電気シェーバーを用いてゆっくり動かしていきます。
また、服を着ると見えない部分なのでお風呂に入る時についでに脱毛すると良いと思います。浴室は湯気で湿気が多く、肌への刺激が少なく済みます。脱毛の前には泡立てた石鹸やジェル、クリームを塗ってから処理をしましょう。おへそやバストトップの周辺は部分剃刀を使うと剃りやすいのでお勧めです。
◆除毛クリームを使った脱毛
お腹や胸に生えてくる毛は薄く産毛のような毛なので、除毛クリームでも十分綺麗に脱毛できるでしょう。脱毛範囲が広いこともあって自分で塗ることが出来ます。肌にクリームを塗るだけなので安全で痛みもありません。ただ、肌が敏感な方やアレルギー体質の方が使用するときや、バストなどのデリケートな部分に使うときは炎症を起こしてしまう可能性もあるので、使用前にパッチテストを行うことを忘れないでください。
◆家庭用脱毛器を使った脱毛
フラッシュタイプの脱毛器なら光を当てていくだけなので非常に手軽です。お腹などの広い範囲に使えるものを選びましょう。
胸の部分に関しては、刺激を受けやすい部分なので使っても問題ないか記載事項を注意して読んでください。また、簡単だからといっていい加減に光を当てていると一箇所に何回も光が当たって肌に悪影響を及ぼしてしまいますので常に慎重に脱毛することを心掛けて下さい。

メニュー

脱毛器について

脱毛について

体の部位別の脱毛

永久脱毛

最新記事