更年期の脱毛について

女性は40代に入ると徐々に更年期といわれる時期にさしかかります。更年期にはホルモンバランスが乱れやすくなり精神的にも肉体的にもいろんな変化が起きてきます。
一般的に、この変化によって不調が続くようになってしまうことを更年期障害と言いますが、これは自律神経失調症の一つでもあります。
ホルモンバランスの乱れについてですが、卵巣の働きの効率悪くなると、そこから分泌されるエストロゲンという女性ホルモンが減少してしまいます。エストロゲンの分泌が減少することで、それをどうにかしようと脳が卵胞刺激ホルモンという信号を出します。このホルモンはエストロゲンの分泌を促すものです。しかし、更年期に入り働きが鈍った卵巣ではそれ以上エストロゲンを分泌することが出来ません。そうなると、卵胞刺激ホルモンが増加してエストロゲンは減少するという状況になり、ホルモンのバランスが乱れてしまうわけです。
この状況が引き起こす不調はいろいろな形で表れてきます。例えば、めまいや動悸がしたり不安やイライラが募ったり、なかなか眠れなくなったり・・
毛質も変化することがあります。更年期に入り女性ホルモンの分泌量が減少しても、男性ホルモンの分泌量には変化がありません。その影響で毛が濃くなる方がいるので、突然毛深くなってショックを受けるようです。
毛深くなったからといって、昔のように自分で処理しようとすると、肌に大きな負担をかけてしまう恐れがあります。
それは、肌年齢が上がっているために、肌はどうしても保水力が弱くなり乾燥しやすい状態になっています。加えて、たるみ・キメの荒さも原因となりムダ毛処理によって肌トラブルを起こしたり傷付けたりする可能性が高くなります。ですから、年を重ねることで肌も刺激に弱くなることを理解して、専門の方にお願いすることをお勧めします。脱毛を行っているエステサロンでカウンセリングをしてもらい、自分の肌の状態をきちんと見てもらってから脱毛してもらいましょう。

メニュー

脱毛器について

脱毛について

体の部位別の脱毛

永久脱毛

最新記事