ムダ毛を自分で処理する方法について

あなたはどのような方法でムダ毛を処理していますか?一番ベストなのは脱毛サロンで処理してもらうことだと思いますが、かかる費用や通う時間などネックになる問題があって実行できないのが現実ですよね。
自分で処理しようと思ったら、剃刀・毛抜き・電気シェーバー・脱毛テープに脱毛ワックス、除毛クリームなどなど・・意外にたくさんあって問題もないように感じますが、実際はこれらの方法で肌にダメージを与えていたのです。
剃刀や電気シェーバーのように刃を用いて毛を剃るものは、毛だけではなく肌の保護に必要な角質も一緒に取り除いてしまうのです。更に、肌に直接当てて剃るので表皮を傷付けてしまうのです。肌の傷や必要な角質の除去は乾燥を促進させ、メラニンを発生させて色素沈着を起こしたり肌が荒れたりすることがあります。傷が付くとそこから雑菌が入り込んで炎症を酷くする恐れもあります。
毛抜きで地道に脱毛していく方法は多くの人が行う処理だと思いますが、毛穴の根元から毛を引っこ抜くので、毛が剛毛な人ほど痛みがあります。加えて、奥から無理やり毛を抜くので中で安定していた皮膚組織が破壊されて毛穴にダメージが加わります。そして一番の難点は1本ずつ地道に毛を抜いていくという行動自体が面倒になってしまうことです。部分的に気になるところだけ、というのならまだしも、腕や脚ならどれだけ時間がかかるか分かりません。また、毛はいろんな方向に向かって生えていますが、それに逆らって抜くと毛穴へのダメージが強く雑菌が入りやすくなってしまいます。雑菌が入ると肌に炎症が起きて大変なことになります。

 

脱毛テープも毛抜きと原理は一緒で根元から無理やり毛を引っこ抜きます。毛抜きと異なるところはテープを広い面積に貼ることで、貼った箇所のムダ毛を一掃できるところですが、痛みは勿論ありますし肌へのダメージも大きいです。

 

脱毛クリームや除毛クリームは、クリームの中に脱毛・除毛効果のある薬を配合することによって処理する方法です。
毛抜きや脱毛テープに伴うような痛みはありませんし、肌へのダメージもそこまでかかりませんが、表面だけを処理するので根元の毛は残ります。何日か経つとまた生えてくるので効果の持続は期待できません。
そして、肌が刺激に弱い方や敏感肌で荒れやすい方にはクリームに配合された薬が合わないことが多く、炎症を起こす恐れがあります。
自分で処理するのは手軽で良い方法ですが、もちろん欠点もあるので、今紹介した処理方法を繰り返す事で肌にダメージを与えているということを認識した上で自己責任で行ってください。

メニュー

脱毛器について

脱毛について

体の部位別の脱毛

永久脱毛

最新記事